[女性の皆さんマストバイ]LEDライト使ったらやはり顔色が違った

Zoom飲み会に誘われることは滅多にない私ですが、Zoomでの打ち合わせは圧倒的に増えました。

移動時間が「ゼロ」なのがありがたいですよね。

Zoomを使いこなせるようになると気になってくるのが、私の場合、音質でも、映像のスムーズさでもなく「自分の映り」でした。(女性の皆さん、そうですよね?ねっ?)

 

何も考えずテキトーな場所にノートPCを置いてZoom会議をスタートさせると、会議の内容よりイケてない顔が気になって気になって「もうこんな自分の顔、見続けたくない」と集中できなくなったことも何度か…。

そこで、今回は、そんな私が試してみた「Zoom映え機材紹介&セッティング」をご紹介します。

 

スポンサーリンク

上から照らす光は全ての女性をイマイチに映す

そもそもなぜイマイチに映るのでしょうか。

それは上から照らす光です。
上からの光は、クマを濃くし、ほうれい線を浮き上がらせ、不健康そうにみせます。決してPCのカメラが悪い訳ではないのです。

 

そのことをお世話になってる方に相談すると「LEDライトが良いよ」と教えてくれたんです。

LEDライトってこんなのです↓ ↓

 

スマホから覗く顔が怖いw

 

 

こういうのってYouTuberさんが撮影の時に使うものだと思っていたのですが、Zoom会議にも役立つんですね。早速買ってみました。

LEDライトAmazonで注文

 

予想通り…いいえ、予想以上に違った

Zoomではバーチャル背景も使いたいのでグリーンスクリーンも購入。クロマキー合成に使われるアレです。

 

バーチャル背景とは

バーチャル背景設定
概要 バーチャル背景機能を使用すると、Zoomミーティング中に背景として画像やビデオを表示することができます。この機能は、Zoomが人物と背景を見分けることができるよう、グリーンスクリーンを使い、照明が均一の場合、最も効果的です。 バーチャル背景として、自分の画像をアップロードすることもできます。バーチャル背景の追加に...

 

バーチャル背景に困ったら…

おすすめの自治体バーチャル背景あります「ふるさとメイシー」

地域応援オンライン名刺付 バーチャル背景メイカー・ふるさとメイシー
背景画像と合わせて、すまっぽん!付きオンライン名刺を無料で作成できるツールを提供することとなりました。 背景画像に自治体提供の画像をはめ込むことで、地域を思いながら全国の方々と交流をし、コロナが落ち着いたときには、その地域に旅してみたくなれば良いと思い考えました

私のふるさと:大分県由布市もあります♪

 

本来なら壁に取り付けた方がいいのですが、私は賃貸マンションなのでカーテンレールに。(壁の方がより鮮明に映ります)

カーテンレールにクロマキー
太陽の光のせいで濃いグリーンが黄緑気味w

 

ライトの位置は「真横から」または「やや下から上に向けて」がオススメです。

気になるビフォーアフターはこんな感じ。

 

 

Before

LEDライトなしの顔

顔も暗いし表情も暗い

 

After

LEDライトありの顔
ライザップのビフォーアフターのように明るい表情にすれば良かったw

 

同じ顔、同じメイクでこんなに違うなんて!!想像はしてましたが驚きです。

 

まとめ

もっと早く購入すれば良かったと思うスグレモノです。

 

LEDライトはいろんなものが出ていますが、こちらのは165センチまで伸ばせて、光の色味も変更できるのがいいです!

 

 

これからはLEDライトの力を借りて
Zoom会議はもちろん、Zoom合コン、Zoomお見合い?にも積極的に参加できそうです。

 

【追伸】カーテンを閉めてグリーンスクリーンをつけました。そしたら良くなりました

生野貴子 Zoom