ドリームキラーは意外とちょいちょい出てくる。でもめげちゃダメ

 

夢をもって未来に進もうとすると

「そんなの無理だよ」
「無謀すぎる」
「身の程を知れ」

などなど、外野の声が聞こえてくることがあります。

そのような雑音のことを「ドリームキラー」と言います。「夢の殺し屋」ですね。ドリームキラーは近い間柄であることが多々あります。

 

家族、友人、恋人。(まぁ、遠い人はそもそも「知らんがな」ですよね)近い人であれば、あるほど、ダメージは大きいです。

例えば「親」。

 

「そんなことより現実を見なさい」
「○○ちゃんはこうなのに、あなたって子は…..」という言葉です。

身近な誰かと比較され、その言葉には説得力があるので、ズドンと心に響きます。

でもめげちゃダメです。それにめげるぐらいなら最初からしない方がマシです。

 

例えば「尊敬している先輩」。

「オレはその道は無理だと思う。薦めないよ」
「確かに世間から見たら○○だよね(出遅れてるよね、無謀だよねetc)」

一般論・正論をかざして迫ってきます。

尊敬して実績がある先輩であればある程、「あ……やっぱりそうですよね。」と思ってしまいます。

 

でも本当にそうでしょうか?
データがありますか?もらった意見はその人の主観ではないですか?

案外、「専門家でもないのに分かったようなフリしてアドバイスしてくる」面倒くさい人もいます。

そんな人には最初からアドバイスを求めてはダメです!!

 

過去のデータを徹底的に調べて「確かに前例はない」「かなり難しいかも」ということが分かったらここから二者択一です。

難しくともやるか。すっぱり諦めて別の道に行くか。

私は「思えば叶うよ」という気はサラサラありません。

ただ、周りにいる「その道の専門家でもなんでもないただのドリームキラー」の意見を鵜呑みにして、ご自分の「本当は大好きなこと」「心の底からやってみたいこと」をリサーチもせずに、諦めてしまうのは勿体無いと思うんです。

 

周りは適当な事言います。その発言には責任はないです。だからこそ、主観に満ちて超・適当です!笑(でも、その言葉に悪気はないんです)

 

そんな声に惑わされず、客観的にリサーチして、その上で『自分で』決めていきましょ!!!

この世の中、「すべて自己責任」みたいです(^^)