初めての読書会 「アクティブ・ブック・ダイアローグ®」という手法

初めて「読書会」というものに参加しました。

朝の読書

今回のは《参加者全員で1冊の本のパートを割り振り、時間内に用紙3~5枚にまとめ(今回はオンラインなのでPPTまとめ)、3分発表》というものです。

課題図書は山口周さんの新刊「ビジネスの未来 エコノミーにヒューマニティを取り戻す」。

 

「40分で約30ページの内容をまとめる」という初めての試みにかなり手間取ってしまい、初参加の私は時間内に収めることができず10分延長時間を頂きました。

限られた時間の中で著者の主張を抽出し、それをテキストや図にまとめ、自分の言葉で発表、というのはかなり頭を使います。


リレー方式で発表を聞き、自分も発表し、1冊の本のエッセンスが見えてくるというものでしたが…面白い。非常にエキサイティングでした。

休みの日にこんな刺激も良いものだなぁと思いました。

この読書法は「アクティブ・ブック・ダイアローグ®」という手法です。もっとやってみたい

未来型読書法 アクティブ・ブック・ダイアローグ®(ABD)公式サイト
新しい未来型読書法である「アクティブ・ブック・ダイアローグ®」の紹介ページです。

山口周さん
「ビジネスの未来 エコノミーにヒューマニティを取り戻す」