[福岡・六本松]名物藁焼きの「かつお塩たたき」が絶品

当ブログでは、私が大好きなお店をご紹介します。
★は当然5つのみ。
私が好きなお店とは、味はもちろんのこと、そのお店の「ホスピタリティ」「独自性」が素晴らしいか否か。
したがって私の感性のみで綴ってゆきますので、至らない点はご容赦ください。

ではでは、福岡のお店をお楽しみください。

 

スポンサーリンク

日本なのに、福岡なのに、ホワイトハウスです

地下鉄六本松駅より徒歩2分の場所にある「ホワイトハウス」。

こちらの主力メニューは「藁焼き」。

 

ホワイトハウスさんのホームページによると

[鰹のたたき」で有名な「藁焼き」。藁の火力は非常に強く、燃焼温度は800~900℃まで達すため、瞬時にムラなく焼き上げるため、かつをのたたきは藁焼きが最高の調理法と言われます。また、藁が燃えるときの香ばしい匂いと高く上がる炎で目も胃袋も楽しませてくれます!当店では、福岡ではまだ希少な本場仕込みの「わら焼」をお楽しみいただけます。

800度!!家庭用のHIが強火で200度ぐらいですから、その高熱たるや。

こちらの常連さんに連れられお邪魔したのでメニューはおまかせ。(出てくるまでよく分かっていませんでした)

ビールで乾杯し、藁焼き登場を待っていると。。

 

厨房ではこんな光景が!

ホワイトさん(オーナー、大将)です。
(常連の方曰く「白くないのにホワイトや!あっはっは!」と。確かに大将は色白ではありません。笑
とっても気さくでアルバイトスタッフの方達を大事にしているんだな~と、初めて行った私が感じるくらい、お客さんにもスタッフさんにも優しいオーナーさんでした)

 

名物の藁焼きで出来た鰹のたたきと牛タン焼き

 


これは常連さんスペシャル。(したがってメニューにはないんです)

 

「かつお塩たたき」「仙台名物牛タン」のハーフ&ハーフです。
(今、勝手に私が名前をつけました。このハーフ&ハーフ、3人でおかわりしたいぐらいだったので、通常どおり1皿ずつ注文してもいいですね)

いままで食べたどの鰹のたたきより美味しかったです。

 

香ばしく、中は柔らかい。
薬味も充実してて「ねぎ」「にんにく」「レモン」「玉ねぎスライス」。
どれと組み合わせても美味すぎます。

 

そしてそのお隣の「牛タン」。
こちらも外側が程よく焼けてて(さすが800度!)
中が赤身のレア。噛めば噛むほど美味しい。ずっと口の中に入れていたい。。

他にもいろいろ注文したのですが、
興奮してこれしか写真はありません。ごめんなさいm(_ _)m

写真をみただけでも焼酎2杯はいけそうです。

 

DNA的に「やや酒豪」であることが判明

さてさて、先日こんなネット記事を見つけました。

 

2010年のデータです。酒豪の比率を都道府県別にまとめたデータ。

 

出典:“酒豪”どこに多い? 「全国酒豪マップ」の謎

こちらの地図によると、大分は「やや酒豪」。福岡は「普通」ということになります。
興味深いデータです。

 

やはり酒飲みって地域性があるんですね~。

都道府県別がこちら。

近県でいうと鹿児島、沖縄、熊本が上位。
うんうん、なんとなく分かる気がします。

記事もどうぞ。

 

私はDNA的に「やや酒豪」ということが分かりましたので、今宵も美味しいお酒をいただきま~す!

 

♠ ホワイトハウス

住所:〒810-0044福岡市中央区本松4-9-10 1F
アクセス:地下鉄七隈線(3号線) 六本松駅 徒歩3分
TEL: 092-724-7307
営業時間:月~日 17:00~24:00 (オーダーストップ23:30)
お休み:不定休(日曜か連休最終日)

★とても人気なお店です。電話予約をオススメします