[韓国]ソウルの食品価格は世界で3番目に高い!でも地方都市は…

 

私が留学していた時(2006年~)と比べ「韓国ってなんかいろいろ高くなったな~」と思っていましたが、こんなニュースをみて目を疑いました。東京より高くなってる!!

 

 

UBS가 발표한 ‘2018 물가와 소득’ 보고서에 따르면 서울의 식품 가격 수준은 전 세계 77개 도시 가운데 3번째로 높다. (자료=UBS 홈페이지)
출처 : 데일리팝(http://www.dailypop.kr)

 

 

わかりやすい日本語のサイトがあったのでこちらもどうぞ

 

 

スイスUBS銀行が公表した2018年世界各都市の生活コストと物価及び収入報告によると、ソウルの食品価格はすでに世界第3位となっている。

1位はジュネーブ、2位はチューリヒだが、収入もそれぞれ世界1、2位だ。

ところが、ソウル市民の平均収入は世界38位で、庶民の生活の大変さがよく分かると伝えられている。

 

確かに、ランチで定食食べて、カフェでお茶したら、もうそれだけで2,000円は越えますもの。

 

@田浦カフェどおりのオシャンティなカフェ

 

田舎っぺの私は東京に行く度に「東京は何もかも高くて生きていけない」とガクブルしていましたが、そんな思いをソウルでもするなんて。

 

海雲台の The Bay101 セレブ感満載

 

しかし、地方都市はそうでもなく、昨年末や今月行った釜山では「コスパ天国」が残っています。(もちろんエリアやお店にもよります)

 

この「鶏まるごと揚げ」600円

 

この最高級羊肉コースが飲んで食べてで2,500円

 

いろんな人が「韓国はこうだ」と言いますが、それは首都か地方都市かで全く違うもの。一括りにはできません。

街の発展と照らし合わせると、この物価上昇は致し方ないと思います。これから韓国はどうなるのか、じっくり付き合ってゆきます。

 

おまけ)釜山もおしゃれなエリアが多くなってきて、それはそれでとても良いのですが、おじさま達が集うエリアに行くとなんだか落ち着く私です。

 

演歌だよ、やはり。