《読書》居酒屋で靴を脱ぐ時やってみたい「美人なしぐさ」

美人なしぐさ」という本を読みました。

『身体が動く時には自然と「目に見えない線」が生じる。美人はその線が美しい』のだそうです。

それは
① ヒネル(H)=アクティブ
② カサネル(K)=ゴージャス
③ カタムケル(K)=ソフト

から創られます。

「玄関の上がり框では、靴を入って来た方向のまま脱ぎ、部屋にあがりスリッパを履きます。 それから半身になって中腰で座り、主人側にお尻を向けないように、上半身だけ外のほうにヒネッて、靴の足先を玄関の外に向けてそろえます」

そうすると
「動作の方向とは逆に、からだの一部をヒネルことで、ウエストラインがはっきりして女性らしさが強調される」そうです。

 

靴を脱ぐ時なんて誰も見てなくないですかね^^;;
しかし、美人はこんな細部にも気を遣うのでしょうね。

 

誰も見てないでしょうが、身体をクイっとひねることをこれからやってみます。